宮城県仙台市にある在宅支援チームフォーレストの役員(理学療法士)がつづるブログです。
http://www.team-forest.net/

※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。

<< 急募 理学・作業療法士 | main | 事務職員がインフルエンザ >>
生活再構築「生活をつくり支える」

生活再構築「生活をつくり支える」

これがフォーレストの役割です

 

 

どのような病気であろうと

どのような障がいであろうと

残された命の時間がどんなに短かろうと

残された能力がどんなに少なかろうと

主体性・能動性・自己決定を援助し尊重し、主体的生活者としての営みを、つくり支える

 

 

いつまでも変わることがない普遍的な役割です

 

 

さて、去る平成18年に診療報酬・介護報酬の同時改定が行われました。

リハビリができる期間が定められ(算定日数制限)、訪問してリハビリができる制度(訪問看護7)が制限されようとしました。

フォーレストは、日々現場で感じ努めようとしていることを「望ましい地域リハビリテーションの姿」として書きためてきていました。

これをもとに宮城県に対して提言書を作り、関係部長をはじめ宮城県庁の皆様のご理解を得て、特区申請の動きにまで発展した熱を昨日のように覚えています。全国の同業者にも配り、各方面への働きかけの一助にもなったのではないかと思います。

パソコンの同じフォルダーには、「短時間リハビリ特化型通所介護」について新規事業の起案書もありました。

 

 

現場を離れた今の私には、残念ながら生きた文章は書けません。

現場の皆さんだからこそ描ける「望ましい在宅支援の姿」に多く触れて、一緒に考えていきたいと思います。

これが、私の平成29年でありたいと思います。

 

 

 

Posted by : forest-hokke | - | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://forest-hokke.jugem.jp/trackback/115
TOP