宮城県仙台市にある在宅支援チームフォーレストの役員(理学療法士)がつづるブログです。
http://www.team-forest.net/

※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。

<< IT化 | main | 滋賀にて >>
1月24日診療報酬改定○○版

昨日1月24日の中医協にて、診療報酬の○○点版が出ました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000191961.html

私なりに関連する事項を抽出しましたので速報します。

なお、介護報酬は明日1月26日です。 

 

 

【入院料関係】

 

● 7対1一般病棟入院料

・重症度、医療・看護必要度 の該当患者割合により、入院料を1種類から3種類に再編(現行より低い基準を新設。指標が低い病棟は低い基準へ。10対1病棟への転換の促しも)

 

● 地域包括ケア病棟

・在宅等との連携実績により、入院料を2種類から4種類に再編(在宅との連携を促す)

・在宅復帰率の適正化(老健と療養病棟を分子(在宅扱い)から除外。在宅との連携を促す)

 

● 回リハ病棟

・リハ充実加算を廃止し、実績指数(1日あたりのFIM得点の増加を示す指数)を採用

・重症割合、実績指数、在宅復帰率により、入院料を3種類から6種類に再編

(実施密度から実績指数へ。より実績指数が得られる患者に絞り込み?。在宅復帰率の割合も強化?)

・栄養管理を評価

・疾患別リハ日数の制限除外に、回リハ病棟退院後3ヶ月を追加

 

● 介護保険の介護医療院創設に関連する改定(在宅復帰率等において在宅の扱い。介護療養型医療施設等々の転換先

 

● 診療情報提供料気砲弔い董居宅介護支援事業者に対して退院前も算定可能に

 

 

 

【訪問看護】

・(PT等訪問)初回、状態変化時に看護師訪問が必要

・退院時共同指導の充実

・自治体への情報提供を、特掲7と特掲8に制限

・介護職への吸引指導等の加算(新設)

・機能強化型ステーションの評価

・24時間対応の充実

・ターミナルの要件追加し充実

・医療的ケア児の長時間訪問の頻度増

・乳幼児加算及び幼児加算の充実

 

訪問看護関係で医療施設では…

・退院時共同指導の充実

・主治医が他の医療機関に入院させる際、訪問看護からの情報提供も併せて情報提供した場合に加算(新設)

 

 

 

【在宅医療関係】

・複数医療機関が行う訪問診療を評価(新設)

・在支診以外でも在総管加算(新設)

・月2回以上の往診の要件新設と充実

 

 

 

【疾患別リハ】

・介護認定者に対する日数制限を1年延長し、平成 31 4 月以降は認めない

・日数制限除外に、回リハ病棟退院後3ヶ月を追加

 

 

 

 

Posted by : forest-hokke | 記事ピックアップ・制度改定 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://forest-hokke.jugem.jp/trackback/127
TOP